ながめのいいワンルーム

一人暮らしのリノベーションとその後の暮らしのブログ

我が家は1986年竣工の築29年(2015年11月現在)

 

約55平米のワンルームです。


9年前の購入時、その4年前(2002年)に前オーナーが水回り以外を


リフォーム(その当時はリノベーションという言葉は浸透していなかった)していました。



新築時の図面を手に入れることが出来ないので、


元々どのような間取りだったのか不明なのですが


1LDKか2DKだったところ、


壁を抜いて、広いワンルームに間取り変更していました。


間取り図


WEBに出ていた時の図面です。(結構実物との誤差が大きいです)




リフォームしてたったの4年、留守がちだったという前オーナー。


そして、歴代のオーナー履歴を辿ると、使用用途は殆どオフィス。


キッチン・水回りは築後一度もリフォームされていない割には綺麗でした。

(設備はレトロですが)


絨毯など多少の汚れはあるものの、部屋のコンディションはとても良いので、


手を加えずにそのまま住まうことにしました。


そもそも、金銭的余裕がなかったのですが。



当時「デザインリフォーム」といううたい文句付きだった物件。

before01
こんな感じで私は住んでいました。今は引越して解体してしまったのでもう無い姿。
しかし…ちゃんと整えてから撮影するんだった。


クローゼットの扉が鮮やかなイエロー

ブラインドがダイニングはブルー、居間はライトグリーン

色使いで遊んでいる割にしっくり来ていて

コンパクトな分、家具の配置もしやすかったりして


良い点は沢山あったのですが、私的に大きな問題が2点ずっとありました。



洗濯機置場問題


台所孤立問題



これがリノベーションの決意に至った発端です。


長くなりそうなので、次回以降に書きたいと思います。



写真 2015-10-09 11 20 53



私の場合、購入からリノベーションの間に年月を経ています。

画像は、昨日のものの反対側です。テレビ台も置かせてもらって引越しました。




2006


学生時代に一人暮らしをしていたものの、
 

都内通勤圏内の実家に戻って住み続けていたある日、

そろそろ出よう!と決意。



実家でゆったりと暮らしていたので、


いわゆるワンルームではなくて

ゆとりのある部屋に住みたいと思っていました。



せっかく家を出るのであれば便利な場所がいい。


そうしたら家賃が跳ね上がるし、金銭的に現実的ではない。



そうだ!買っちゃえば良いんじゃん?とふわっと思ってから


まあまあスピーディーに中古マンション購入に至りました。

このエピソードは後日書きたいと思います。
 

新築が良いと思っていたのですが、

これも私の経済力とのバランスでした。
 

でも、これで良かったんだと思っています。




2015


9年住みました。いきなりですが…
 

住み始めた頃、既に気になって変えたいところはあったのですが、


当時はマンション購入だけで精一杯だったので、後回しにしていました。


いろいろタイミングが重なったので、リノベーションを決意。


桜が咲く前の肌寒い頃から調べ始めました。
 

写真 2015-10-09 11 37 08

はじめまして、kuraです。


9年前に購入して住み続けていた中古マンションを

10年目突入を機にリノベーションすることにしました。 


現在、工事中のため引越しています。

画像は、荷物を出した後の解体前の部屋です。 ベッドのフレームは置かせてもらっています。



ちょっとバタバタの今日この頃。


時系列前後したりしますが、いきさつを記したいと思います。



あまり一人暮らしの方のリノベーションのデータを探れないので

(実際やられている方はとても多いと聞きます)


自分の備忘録と共に何かの参考になればと思います。



とても楽しい反面、日々様々な問題にぶつかりながら奮闘中です。


果たして、どうなるのか?!


マイペースになってしまうと思いますが、更新して行きたいと思います。

続きを読む

↑このページのトップヘ