ながめのいいワンルーム

一人暮らしのリノベーションとその後の暮らしのブログ

image

今日は最初の打合せをさかのぼりたいと思います。
(画像は記事から脱線・・・衝撃の解体初日です。笑) 


リノベりす1周年記念イベント「リノベフェス」 が3月20日。

その後、情報を集める日々でしたが、まずは実際の施行事例をこの目で確かめられる

リノベーション会社のオープンルーム見学からスタートしました。


私がコンタクトを取ったのは2社。

A社B社とします)


両社のテイストは違うのですが、事例を見て直感的にとても良さそうと思いました。


その後の流れは、以下です。



A社

1. オープンルームの見学(4月下旬)

2. 家にて初打合せ・実測(6月中旬)

3. ファーストプラン提示(7月上旬)
 


B社

1. オープンルームの見学(4月下旬)

2. 店舗で初打合せ(6月中旬)

3. 2.の次週、家にて打合せ・実測(6月末)

4. オープンルーム再び、イメージ膨らませる

5. ファーストプラン提示(7月中旬)



A社B社 共に、オープンルームの時に、社員の方へ例の間取り図を見せました。
打合せの準備の記事のビジュアルイメージもかなり未完成でしたが持って行きました。
間取り図 


B社にはオープンルームで私の資料をじっくり見て頂く時間があったので、

一番不安だったこと=予算がどのくらい必要か ざっくり聞いてみたり、

大まかな思い描いていることが可能かどうかを聞くことが出来ました。

資料を持参して良かったです。


オープンルームの見学から初打合せまで時間が空いてしまったのは、

私が5月はとても忙しかったので、落ち着いてから連絡に至りました。

それがなければ、全てを1ヶ月早めることが出来たと思います。

その期間に、合間を縫って打合せの準備の記事の資料を充実?完成?させました。

(たいそうなものではないですが 笑)


両社ともとても親切で話しやすく、終始和やかで楽しい打合せでした。

自分の希望を伝えて理解をして頂けた手応えのようなものを感じました。


初打合せからファーストプランを頂くまでどちらも2~3週間でした。
 

どきどきわくわく・・・


また改めて書きたいと思います。


ブログ超初心者でリノベーション以上に知らない事が多いかも知れない中、
気付いたら前回まで10回記事を書いたようで、驚きです。


本当はもっと前段階からブログを始めて、
工事に至るまでの経緯を実況中継したかったのですが、
色々なことがあり過ぎて、ブログまで辿り着けずにいました。

写真 2015-08-05 19 42 32

我が家がやろうとしているリノベーションは、
1ヶ月ちょっとの工期で出来るボリュームらしいです。

ところが、梁が非常に多い物件でして、
浴室にも立派な梁があり(画像はbeforeの浴室天井の梁です)
予算の関係上ユニットバスにするのですが、


梁が大きいため梁用パネルが特注でなければ対応不可と判明
   ↓
解体後に測定してからでなければ発注出来ない
   ↓
梁用パネルの納期1.5〜2ヶ月とのこと(これを聞いた時めげそうになる)
   ↓
10/13 解体、梁を測定して発注
   ↓
10/28 頑張ってもらって11/17納品と連絡を受ける
   ↓
浴室が出来てからでないと着手出来ないことが殆どということで
工事らしい工事は、梁パネル納品後から始める


今日は11/23

そうなんです、引越してから1ヶ月以上経つのですが、
まだ工事が始まったばかりのようなものなのです。 

image
29年もののお風呂、さようなら〜〜 年季というか、汚れがスゴイですね。。
お見苦しくてすみません。。。

写真 2015-10-21 20 18 02
完全に解体した浴室から撮影。現れた梁。居間の天井まで繋がっています。


先週、やっと工事完了予定と引渡し日が決まりました。
工期約2ヶ月です。

工事期間が読めなかったので、仮住まいは借りずに、実家で世話になっています。
荷物もまるっと置いてもらっています。
通勤は少し不便ですが、本当に心から感謝の日々です。 

実家も諸事情あって、私は年末までには出なければならず、
特注パネルの早めの納品を祈るのと、施工会社に段取りを頑張って頂くことになり、
だいぶゆとりを持って打合せをすすめていたはずだったのですが、
綱渡りな感じになってしまいました。

窓ガラスの工事もリノベーション後に行う予定なのですが(結露がすごいんです)
そちらも年内にやってもらえるよう調整中です。
そして、カーテンも。
この年末の詰め込みっぷり!?で過呼吸になりそうなのですが、そんな現況です。

image
先週の浴室。梁が、覆われてました♪ 
お風呂が快適になるのはすごーく楽しみです。


にほんブログ村 トラコミュ リノベの生活へ
リノベの生活

さかのぼること約10年前・・・今日はちょっと長いです


中古マンションを探していた時の条件は以下10件でした。



1. 新耐震基準(1981年制定なので1983年以降竣工を目安)
2. 予算内であること

3. アクセスの良い場所:中央線沿い、JR線沿い(終電が遅くまであるのが良い)

4. 最寄り駅から徒歩10分以内

5. 35平米以上

6. 日当り良好

7. 治安が良い

8. 1LDK(寝室が欲しい)

9. 対面式キッチン
10. 居間と寝室は仕切ったり繋げたりできると尚良い



条件1~6 を入力して検索すると、10件もヒットしなかったと思います。
内覧したのは、5件でした。

中古物件はピンと来たらタイミングが勝負。


情報が更新されるタイミングは目を光らせる日々。

探し始めてから2ヶ月ほどで決めました。


条件にフィットする物件は少なかったですが、
逆に絞られた中で探しやすかったようにも思います。


そして、結果、叶えられた条件が

12356でした。
 
特に1が絶対条件でした。

 は私鉄からですとクリアしているのですが、JRの駅からは10分以上歩きます。

 8910 の間取りに対する希望は叶えられませんでしたが、
 

 間取り図
何度も登場するこの間取り図。。。実測の物を載せられるようにしたいと思います(製作中です)


広いワンルームの開放感潔い間取りにはっとさせられたのと、
 

条件には入れていませんでしたが、眺望が良く、都心とは思えないほどが見えます。


タイトルの由来でもあるのですが、
室内外ともにながめがいい
 

写真 2015-10-09 11 20 53

緑がよく見えます

広さに対するコストパフォーマンスや、ロケーションもろもろ運命を感じて即決しました。

直感も大切!と思っています。



大学を卒業して間もない頃に、都心に中古マンションを購入した友達や
いつでも山手線の輪っかの中に住む友人
(後に都内中古マンションを購入してリノベ)

影響もあるのですが、一人暮らしをするなら、都心に住みたいと思っていました。


基本的には引き蘢ることが好きなので、

交通の便がいまいちになるとますます出不精になりそうだけど、

都心ならフットワーク軽く出来るし、気軽に友人を呼ぶことが出来て良いなあと。



そして、資産価値です。


マンション購入時、私はなかなか結婚しそうもないなあと思っていて、

でも、何かあった時のことも考えねば(何もありませんが 笑)と。


日本の人口はこれから減少し、家が余るようになっていきますが、

都心は例外と言われています。そちらも良い理由となりました。



9年住んでみて、引越したいと思ったことはありません。


一人には十分な広さ、申し分の無い日当り。

少々賑やかなこともありますが、遅い時間でも人通りがあり、それが治安が良いと
考えるのは一概に正しいとは言えませんが、街自体は平和な雰囲気です。


私が乗る通勤電車は大きな人の流れとは逆のようで、ストレスが少ないです。

遠出する必要もあまりなく(これは私のライフスタイルのせい?)

自転車でも気軽に色々な場所へ行けますし交通費があまりかかりません。

実家へ帰るのもさほど遠くありません。


ここに決めて本当に良かったと思っています。



にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ