ながめのいいワンルーム

一人暮らしのリノベーションとその後の暮らしのブログ

良くないことと分かっているのですが、私はあまりメモを取る習慣がありません。


リノベーションをするとなると、些細な思ったことなど、忘れやすいので


何でも書いておくべきだ!と思い、習慣を変えるようにしました。



家の中を徘徊して(狭いですが)思ったことがあったら、ペンを取り箇条書き。


仕事中でもふと思い出したら、メモ。


リノベーションの打合せが始まってからもこの習慣は本当に大切と思いました。




そして、とりあえずやりたいと思ったことを全部書き出しました。


リノベーション会社の事例等を見ていると、


この広さでこのくらいの予算でこれだけのことが出来るのか…と


おおまかな予想はつきます。


しかし予算は無視です。


とりあえず夢は書き出します。現実は後回し。


そして、優先順に並び替え。。。



そんなこんなで、以下の準備をしました。




1.やりたいことリスト


みなさんはどのような伝え方をするのでしょうか。
 

もっと周到にされていたりすると思いますが、


私は、ほぼ箇条書き状態ではありますが、簡単なリストを準備しました。

計画
優先順に書いたので順を追って話を進められるのではと思いました。




2.ビジュアルイメージ


好きなイメージをとにかく保存。こちらもメモと同じですね。
 

施工希望箇所やジャンル別にざっくり分けてプリントしたものを準備しました。
 

clip

A4で12ページほどになりました。施工会社の事例やPinterestが多いです。




3.現状の図面


新築で買ったわけではないので正規の図面を持っていません。
 

不動産情報に出ていた時の図面と、

間取り図
 
何度も登場しているこちらの簡素なものです。


同じ広さで過去は同じ間取りだったと思われる下の階が売り出された時のチラシを取ってあり、
 

そちらの図面の方が分かりやすそうだったのでそちらも準備しました。


チラシには築年数や平米数等詳細が載っていたので話も早いと思いました。




4.現状の写真


打合せでリノベーション会社の方も撮られるとは思いましたが、
 

私の方でもざっくりと部屋を撮った物をプリントアウトしておきました。




5.掃除


問合せをした2社のうち、1社は最初から現場訪問でした。
 

(その前に、オープンルームに訪ねた時にザックリとした概要をお伝えしていたのですが)


とりあえず、一生懸命掃除しました(笑)

にほんブログ村 トラコミュ リノベの生活へ
リノベの生活

いろいろ調べていると、
 

へー、こんなことができるんだ!とか


あ!このテイスト好き。とか
 

リノベーションの無限の可能性に惹かれて行きました。



特に、我が家が抱えている問題の優先順位としては上位ではない

キッチンや玄関が面白いと思いました。


リフォーム会社のメニューに無さそうなことがリノベーションでは自由に考えられて、


うちにも取り入れたい!と考えるようになり、




私が本当にやりたいのはリフォームではなくて

リノベーションだ!という結論に至りました。




そんなネットサーフィンの日々に、
 

リノベりす1周年記念イベント「リノベフェス」なるものを発見。


気になっていた会社などもフェスに参加されるようなので早速申し込みました。



イベントは3月20日でした。
 

スライドショーなどのプレゼンテーションで現場の方の生の声を聞くことができて、
 

ぼんやりしていたリノベーションのイメージがくっきりと、
 

そして、リノベーションに興味を持っているたくさんの参加者を見て、


より現実的な気持ちを持つようになりました。行動せねば!と。



そこから、


オープンルームの案内があったら行ってみたり、


自分の好きなテイストをクリップしたり、


資金計画を立てたり、、、



しかしまあ、ひとりなので、あまり沢山のことを抱え込めないし、


ストレスレスで行きたいので、3社以上問い合わせしたいところでしたが


直感的にいいなーと思った2社に問合せをすることにしました。


 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

リフォーム
 

リノベーション


最初はよくわかりませんでした。



英語の意味としては、Renovationでどちらの意味も備えていると聞きました。


むしろ、Reformとは言わない、概念が違うそうで。



この日本語英語なリフォームは、一般的に設備を新しくすること。


キッチンやバスの交換、壁紙・床の張り替えなど。



リノベーションは、設備を改良することという解釈(すんごいざっくり)


配管などを改良し、間取りを変えたり、そもそもの性能以上の改良を意味します。



と、私は理解しました。




我が家ですが、ちょうどその中間くらいのことがやりたくて、


いわゆる
リフォーム専門の工務店さんだと少し複雑なんじゃないかなーと思いました。



壁を壊した後、使いやすく、野暮ったくないようにしたい。


技術プラスαでデザインやセンスに理解を持っていて欲しいと思うのです。



でも、リノベーション会社に依頼するには規模が小さくて


取り合ってもらえないんじゃないかなーと思ったり。。。


あと、一番大事なことですが、予算のことも不安でした。



そんなこんなで色々な事例を研究するために


ネットサーフィンをしまくる毎日が始まりました。

 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ