旅館をリノベーションしたホステルに泊まりました

週末から暑い日が続いてますね。

そんな中、暑い盆地 京都 へ行って来ました。

 

昨年末、関西の友人が遊びに来て友達4人で集まった時に

皆で旅行したいねーという話になり、

旅行業界に勤務する友人がここに泊まってみたいんだよね~

PEACE HOSTEL SANJO

ということで、予約&即決!

宿だけ決めて2泊3日のフリープラン♪

PEACE HOSTEL KYOTOが希望でしたが既に予約で満室でした)

ずーーっと楽しみにしていました。

 

ところが

予約をしてくれた友人が直前の出張で体調を崩し発熱。

2日目から合流を考えましたが復調できず。T_T

1人の友人は、激務で仕事を休めず、初日夜から合流。

1人の友人は、最終日の朝から外せない仕事があり出発。

フルタイム参加は私のみ。°o°;;

年齢やポジション的に仕事の負荷がのしかかってくるのは

止むを得ないですが、見事にアクシデントが重なってしまいました。

 

旅の前から忙しかったので(私以外 笑)

全員何度も京都は行ったことはあるし何とかなるでしょ~ということで

初日の昼食と夕食のみ予約した他は予定を組まずにいました。

行き当たりばったりではありましたがかなり満喫して来ました。

直感と瞬発力、そして年の功?に感動(笑)

 

 

泊まった宿は

旅館だった建物をリノベーションしたスタイリッシュなホステル。

170523-01
所謂ホテルや旅館のような至れり尽くせりではないですが

必要最低限のものごとはしっかりしていて

その上を行く一貫したセンスが期待値の遥か上を行っていました。

 

私たちは2段ベッドが2つとトイレ・シャワー付の1室を予約しましたが

ドミトリールームなどもあります。

そのため、宿泊者の共有スペースには力が入っていました。

170523-02
170523-03
今時のデザインに注力したシェアハウスのような雰囲気でもありました。

 

部屋のベッドは2段ベッドとはいえ、ゆったりしていて

6人宿泊まで対応できるソファベッドが大きくて

無駄な装飾や物がない分、標準的なホテルよりも部屋のスペースに

ゆとりを感じられました。

170523-04
画像お借りしました。まさにこの部屋、このまんまでした。

 

リノベーションを経験した私としては、色んなところが気になって

気持ち悪いくらい気を散らしていました(笑)

170523-09
直線的でシャープなデザイン、モルタルやモルタル風の塗装の家具、

コンクリートブロックやアイアンが印象的でした。

170523-05
照明は、共有キッチンのartekペンダントライトが目を引きましたが

170523-08
他所で多用されていた裸電球の扱いも空間と相思相愛でした。

館内のスイッチプレートは全てJIMBOのNKシリーズでしたねー。

垢抜けている空間はディテールも抜かりないです。

170523-06
170523-07
天井高が低めなのは昔の名残りでしょうか。

お金をかけるところと、簡素な造り(だけどかっこいい!)の

さじ加減が絶妙でした。

170523-10
いちいちかわいい(かっこいい)

そんな感じで・・・

リノベーションに興味がある人が泊まったら

別の意味で楽しむことになりそうです(笑)

 

ホテルや旅館のホスピタリティを満喫する旅も素敵ですが

自身で組み立てる自由旅行が好きな方にはフィットすると思います。

私自身、若かりし頃はバックパッカー的な旅をしていたこともあり

あまりツアー旅行をしたことがなくて

3年前と6年前に京都へ行った時はゲストハウスに泊まりました。

このホステルも括りとしてはゲストハウスだと思いますが

ネクストレベルだなーと思いました。

友人(行けなかった T_T)に感謝です。

 

次回は、

旅のことも書けたらなぁ~と思います。^^

 

ご訪問ありがとうございます。 

 にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

ブログ村のランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪