玄関有孔ボード 2017 Vol.1 & この冬重宝してるもの

玄関に飾っている手作りリースの最初の姿。

161204-08

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

あれから1か月以上経ちました。

今もほんのりとブルーアイスの良い香りがしています♪

170117-01

私の葉の配置方法が悪かったせいで、右上だった部分が

ぺたんこになってしまったので、約180度回転させてみました。

ちょっと歪なのは愛嬌ということで・・・^^;

リューカデンドロ・プルモサスは、以前記事にした時()よりも

更に開花してもふもふです。

170117-02

ホリデーシーズンも過ぎたことですし、

中央から少しずらして、リボンを外してイメチェン。

ドライになってきていますが、しばらく楽しめそうです。

 

ちなみに、キリスト教圏ではリースを床置きすることは

喪に服していることを意味するそうです。

永遠の時を刻むことを意味するリースは、枝を時計回りにするのがルール。

時々お店やネットでNGパターンを見かけますが、

ご飯を丸く盛られたり、魚の頭やお茶碗と味噌汁の位置が逆で

ギョッとするのと同じ感覚でしょうか。

アレンジを加えるにしても文化やルーツは正しく知っていたいです。

・・・話が逸れました。^^;

170117-03
トイレから出る時の視界。

居間に移していたユーカリを入れたカゴも玄関へ戻しました。

リースがドライになってきたのとリボンを外したことで

一緒に飾っても違和感が無いかな?と自己満足。

170117-04
現在、レターケースに入れているのはグローブ。

出かける時にサッと取り出せて、

帰宅したらポイッと入れられてなかなか便利。

北欧風 おしゃれ かわいい レターケース Lサイズ ノルディック 収納入れ

それより、このグローブ、昨年の寒い日に衝動買いしたのですが

思っていた以上に良くて重宝しています!

170117-05
THE NORTH FACEのタッチスクリーン対応ETIPグローブ

THE NORTH FACE (ノースフェイス) トレッキング アウトドア トレッキングアパレルアクセサリー イーチップグローブ UN NN61626 UN
ネイビーだけサイズが残っています

確かこの手のグローブって以前は指先などの決まった範囲しか

タッチ操作ができなかったと記憶していますが、

グローブのどこでもタッチできる~!

いつの間に進化したの~?とお店で興奮しました。

素材が薄めかな?と思ったのですが、街中だと十分。

ガチな雪山などでは更にオーバーグローブをするそうです。

自転車に乗る時はタイトな造りなのでハンドルが握りやすく

 

繊細なタッチにも有効なので

道端でスマホで道を調べたりするのもスマート!

これは買いでした。レジで値段を知ってちょっと驚いたのはナイショ(笑)

170117-06
昨年の夏頃、天然素材のカゴって夏っぽいと思って

有孔ボードに沢山飾ったような気がしていますが

気のせいかな?そういうことにしよう(笑)

この有孔ボード、もっとクールな印象に飾ってもいいと

思うのですが、それはまたいつか・・・

ナチュラル感多めで春を待ちたいと思います♪

 

ご訪問ありがとうございます。 

 にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

ブログ村のランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪