ガス管のハンギングバー

そういえば、写真にチラチラ写ってはいたけれど

ずっとスルーしていました。

 

役立っているけれど、

インテリアとしては手付かずの出窓手前の天井のもの。

ガス管1
ガス管でハンギングバーを作ってもらいました!

 

最近、この手の物を付けたいというオーダーが多いそうです。

私も各所の施工事例やオープンルームで見て、これは!!と思いました。

仕様は様々でしたが、見に行ったオープンルームの

4軒のうち3軒に付いていました。


ガス管2

作る人の気分でラフ感にムラがあるそうで、

うちの物は稀に見るラフ感少なめの明るい仕上がりらしいです。
程よいラフ感。

部屋が白っぽいので良かったです!

 

本当は、天井側ではなくて出窓の上の壁側に取り付けたかったんです、

ビジュアル的に。

ハンギング1
こんな感じで。(画像はお借りしました)


うちの壁側は下地が無くて無理でした。

天井に付ける場合、補強をすれば懸垂棒として使える強度に

することも出来たのですが、

出窓に向かって懸垂・・・体に良さそうだけど、

コストアップさせて・・・しないかなぁー。

ということで、標準的な取り付けになっております。

でも、10kg以上の加重に耐えられる仕様です。

 

以前は、出窓スペースにがっしりとしたつっぱり棒を取り付けて、

室内干しをしていました。

ここは日当たりが良いのでよく乾きます。

 

ハンギングバー、室内干しはもちろんですが、

 

一番やりたいのは、
ぶら下げたいのは、植物!
 

まだ何にするか考え中です。

じっくり悩もうと思っています。

 

来客時はクロークにもなります。

ガス管3

これは自分のもの…笑

この辺のインテリア、まとまりがないのでなんとかしたいなー。 

 

天気がイマイチな日でも、ここに干せばちゃんと乾きます。

とっても便利です。



 にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ