ファーストプラン:A社《補足》

一つ前の記事で発表させて頂いた、A社の攻めてるプラン。

11

もしかすると、「リノベーション」とうたっているので、
もっと大胆な間取り変更とか奇抜なのを想像されていたりするのでしょうか。

前オーナーによって13年前に間取りが変更されていた我が家。
既に、今時主流?の広く抜けた空間に改装されていたので
いわゆるフルスケルトンリノベーションなどと比較すると
あまり驚きがないかも知れません。。。

私は細かい箇所に重きを・・・いや、キッチンは大改革ですね、これ。
住み慣れてきた者としてはインパクトある変化だったりします。
そして、こちらの内容で私の指し値ギリギリくらいでした。

※施主支給品の概算を含む)

 

図面では分からない、予算を大きく動かす注意事項としては、

 

【床暖房】

継続利用出来るかは解体してみないと分からないとのこと。

新設する場合+30万円くらい。

 

【お風呂の追い炊き】

あり・なし どうする?(見積りには含まれず)

ありの場合+30万円くらい。

 

【窓ガラス】

専門性が高い分野。専門業者に依頼するか迷っていたので

見積り合計からは外していました。

ここで提案して頂いていた内容は+30万円くらい。

 

 

あとは、私が買う必要があるもの↓

 

洗濯機エアコン

エアコンは居間とダイニングに各1台あり、
どちらも前オーナーが置いて行って下さったもの。

(前オーナーの恩恵が結構ありました。洗濯機も。食器棚も。床暖房も。)

しかし、2台とも古いので処分して1台に統合し、
広い空間用の物を買うことにしました。

家電で+30万円くらい?いや、それじゃ甘い!?

 

オーダーカーテン +10万円

引越し2回分の費用も必要 +10万円

 

リノベーション代と言っても、リノベーション会社以外での出費もたくさんです。

工事中、実家で仮住まいなのは大きなコストダウン(本当に感謝です。)

頂いたプラン自体の検討、コストのバランスも熟考しないと。きゃーー

 

でも、動き出した計画。

面白いプランを頂けたことですし、前へ進まねば。

 

 

※施主支給品

業者にもよるとは思いますが、リノベーションでは
一部資材や設備を施主支給をすることが一般的になっているようです。

こちらのプランでは、ガスコンロ、レンジフード、キッチン水栓、給湯器が対象でした。

このような物がネット通販で割引価格で手に入るこの頃。

施工会社はコスト面を考慮して積極的に施主支給を勧めているようです。
私は、購入作業でどのような物が取付けられるのか深く知ることも出来るし、
こういう施主参加型の進め方って良いと思いました。 

 

では、次回はB社ファーストプランを・・・

 

 にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

にほんブログ村 トラコミュ リノベの生活へ
リノベの生活