ファーストプラン:B社

最初からとても刺激的だったA社

B社は比較的コンサバティブなイメージを持っていた私。

 

こちら、Beforeです。

図面_before

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

そして、こちら!

図面B-1
おーーーなるほど!

やっぱりそうだよね!

今までと違和感ないまま使いやすくなりそう!という感想でした。

 

居間から見たキッチンイメージ

Bパース

 

への字の壁を取り、キッチンは以前と同じ幅の既製品を同じ場所に入れ替え、

ダイニング側は収納や作業が出来る腰高のカウンター。

 

冷蔵庫がなんでこんなにしっくり収まっているの?と凝視したら、

ダイニングの窓が一部塞がれている?

B社のオープンルームでこのような事例がありました。

部屋を効率的な形で使うために、窓をコントロールすることがあるそうです。

 

窓を隠す壁(石膏ボード)を造り、冷蔵庫置き場を確保。
冷蔵庫を隠すように造作の食器棚(ガラス戸付)


※図面は、新しく造る壁(石膏ボード)を紫色にしています。

キッチンのレイアウトは他のパターンのスケッチも出して頂きました。
B-kitchen
右上の柱(斜線部分)は、解体したら
奥に空間があるかも知れないと言われました。

それによって、キッチンの収まりが変わる可能性があるそうです。
悩ましい。。。 

洗面室の配置はA社と同じですが、
ベッド側の壁を30~40cm居間側へ広げています。


洗面台は造作で壁面の一部をタイル。
洗面台に立って右手の、浴室と居間の重なりのスペースにニッチ棚。

見た目良く、たくさん収納が出来そうです。

ベッドの頭側のニッチもある♪ 

出窓の近く、ベッドが置いてある壁側にハンギングバー。

L字窓はペアガラス、出窓はインナーサッシでA社と同じでした。


玄関土間もA社と似てます。

壁で遊ぶ要素はキッチンにありました。黒板塗装の提案です。


これいいな!と思ったのは、WIC内のファンです。
後から壁で塞いだ空間なので空気が籠りやすいと相談しました。 

新築時の間取りで元々エアコン通気口だったものがWIC内にあるので
生かすことになっています。
 

 

カーペットと壁紙は張り替え。
キッチン床はタイル。
照明・トイレ・既存の収納はそのまま利用。

A社と比べると、造作物のボリュームが多め。

家のサイズに合った建具がカスタマイズされている様子は
気持ちいいだろうな〜と。

見積りは、A社より100万円以上高いものでした。

詳細に目を通すと、キッチンや浴室の総計に大差は無いので
造作にボリュームがあるのが分かりました。

 

さすがに支払えない価格帯なので、どうやってコストダウンさせられるか

妥協点を見出すことが宿題となりました。

さあ、どうしよう・・・

 


 にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ
 

にほんブログ村 トラコミュ リノベの生活へ
リノベの生活