でかいエアコンとセミオーダーメイドの室外機カバー 2《超面倒な準備編》

嬉し恥ずかし、昨日の続きです。。。

前オーナーによって、うちのベランダは

全面ウッドデッキが組まれていました。

「これいいでしょ?このまま使いませんか?」と言われ

見た目悪くないし、ま、いっか。と思ってそのまま住みました。

 

リノベーション工事前に、物干し台を取り外そうとしたら、

朽ちていたようで崩壊。約10年お疲れ様です。

リノベ後に買い替えました。

視界を遮る建物がベランダの前に殆ど無い分、

容赦ない強風が吹くので以前の物干し台はガタガタしていました。

今度は丈夫な天地突っ張り棒タイプにしました。

セキスイ ステンレス ベランダ用ものほし台スタンドポール DSL-10
セキスイのものです。

強風でもびくともしません。

 

しかしこれ、

床がウッドデッキだとしっかり固定出来ないと判明し、

慌ててウッドデッキを取り外すことに。

リノベ前に気付いていたら、一括で解体&処分を

依頼したのですが、誤算でした。T_T

その時の記録はこちら →

 

なんとなく想像していましたが、

全くメンテナンスをしていなかった

14年ものの古いウッドデッキの下は

場所によっては悲鳴をあげるくらい汚れていて、

思いがけない物が落ちていたり、

湿気が溜りやすい場所は木が朽ちていたり、

不衛生極まりなく…掃除は1日仕事でした。T_T

ベランダの床の、特にウッドデッキの継ぎ目だった箇所は

いくらゴシゴシしても落ちない汚れや傷が。T_T

 

できる限り取り外しましたが、

実は、こんな中途半端な状態。床の消えない汚れもバッチリ写ってます。

ベランダ
普通の床板は外せたのですが、

柵と一部の床板が釘でがっちり組み立てられていて

外すことが出来なかったのです。T_T また泣く。

 

とりあえず、ベランダの床が現れたので

物干し台は取り付け可能になったし、

柵のことは後日考えようということで、そのまま4か月。

 

 

で、本題へアプローチ。

 

オーダーを考えた室外機カバーは、

上に乗せる板の規格に合わせて奥行きは10cm刻みの指定。

その10cmが再び悩みを呼びました。

10cm少なくすると、鳩が頑張れば入るかも?な中途半端な隙間。

10cm増やすと、ウッドデッキの柵を外さないと設置不可。

室外機
左側の柵の厚みがネック。3cmくらい?

 

きっと柵がなければ綺麗に収まって気持ちいいはず。

柵がないのが本来のベランダの姿なのよね。

 

仕方ない、

 

撤去するか。フッ。
 

 

ecoべんりのこ/P08Apr16

こちらもスーパーセールの戦利品。

なんか色々切れるらしい。

 

そんなわけで、いざ、作業!

 

あー、だめだ、短くまとめられない。T_T 泣きすぎ。

次回へ続きます。


 にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

ブログ村のランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪