リノベーション後だから語れる妄想 2《夢物語編》

前回、些細なことを記述しましたが、

予算にはまらないであろうと端から検討事項に加えなかった

言わば夢物語を挙げてみたいと思います。

 

 

1. 黄色いクローゼットの使い勝手

yellow1
中をお見せするのは恥ずかしいのですが、、、

えーーーいっ!

yellow2
3枚の扉ごとに中も独立しています。
あぁ冬物仕舞わなきゃ。

10年使って慣れてますが、

もしも、ここを一新していたら…妄想スイッチON!

中が全部繋がっていて、扉は折れ戸で、

ハンギングバー1本で効率よく収納出来そうです。

前オーナーが付けた黄色の扉は気に入っていますが、

風通しの良いルーバー扉もいいなあ。

ルーバー1
画像はお借りしました。

上の画像みたいに木の素材を活かすか、

ルーバー2
塗装するか…考えるのも楽しそうです。

 

 

2. ウォークインクローゼット

door1
こちらは更にカオスなので中の画像は自粛。

1.に入らないロング丈の洋服や来客用布団、鞄etc…入っています。

中の広さは2畳くらい。

今のところ余裕はあって収納量は足りています。

改善が急務ではなく、情熱を傾けていなかったので

リノベーションではノープラン・ノータッチ。

ただ、特殊な形なので微妙な使い勝手で

扉のデザインや色は好みではありません。

そもそも壁と扉で仕切る必要はあるの?とも思います。

しかしどうすべきか私の中に明確なビジョンが無くて

第三者に相談したいところです。

 

ちょっと思ったのは、1.2.を総合して考えて、

1.の収納機能を2.の箇所に集約させて、

黄色いクローゼットを取っ払って

テレビの場所+リビングボードにするのもアリ?

なんて考えました。

テレビ中心の生活になっちゃいそうですが。^^

 

 

3. トイレ

壁紙トイレ1
既存の便器・収納を使用しているので、いつかは一新したいです。

手を洗う水栓を独立させられると嬉しいなー。

 

 

4. もしも、もしも、無垢フローリングだったら…

after01
kitchen_after1
一番大きなことで思うのは、無垢フローリングだったら

この家はどんな見え方をしていたのだろうということ。

素材・貼り方、自分の中で希望イメージはあります。

広い面積なので印象がガラリと変わるでしょうし、

ちょっと垢抜けるのではと想像しています。

 

最終工事の日に担当者さんに聞いてみました。

前オーナーが施工した床暖房はフローリング非対応なので

床暖房を一新&床暖房対応の無垢フローリングにしていたら

どのくらいコストアップしていましたか?と。

「50万円では絶対収まらず、100万円位ですかねー。」

想像通り。全く予算にはまらなかったので納得ゾーン。

カーペットはそのものが防音基準を満たしていますが、

フローリングの場合、その処置も必要で手間がかかります。

 

いつまで使えるか分かりませんが、今の床暖房に感謝し、

カーペットのぬくもりとコスパの良さを

かみしめて行こうと思いました。

 

 

 

上記4点でザックリ200万円程でしょうか?

甘い??

ローンを組んでいたら、出来たかも?!

甘い??

いやいや、老後が怖いし、人並みに遊びたいので

身の丈に応じて慎んで良かったということで。

 にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

ブログ村のランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪