追加工事で冬の不安を解消

関東もやっと梅雨明けしましたね!

 

キッチンの吊り棚

swic00
レトロなフィンランドのポストカードで夏気分♪

 

 

タイトルですが、夏が来たばかりなのに冬の話?ですよね。

急いでなかった追加工事を先週末にやってもらいました。

 

ウォークインクローゼットの入口。

swic08
このクローゼットは前オーナーが斜めの壁を作って仕切った空間で

そもそもは居間の一部だったそうです。

WIC
点線で囲った部分がウォークインクローゼット

青い部分が造られた壁(石膏ボード)

中の細かく3つに区切られている部分は新築時からの収納で

赤い部分が換気口(給気口?言い回し色々あるようです)

リノベーション前、換気口部分は、蓋で塞がれている状態でした。

そもそもはエアコン用に設けられた穴だと思うのですが、

今、エアコン用に使っている別の穴も近くにあるので

色々と配置の謎(リフォーム済中古物件あるある?)

 

穴が塞がれている状態だったので、リノベーション前は

ここを閉め切ると(そうではなくても)空気が流れにくく

WICの奥にぎゅうぎゅう物を詰め込むと湿気が溜まる状態だったので
極力詰め込まないようにしていました。

 

蓋を換気口にすると良いですよとアドバイスを頂き、

リノベーションで蓋を外して換気口にしてもらいました。

 

たったそれだけのことでしたが、

奥の方を注意深くチェックし続けていたところ、

湿っぽさを感じることがなくなり、驚きました。

 

 

しかしです!

通風しているということは・・・

冬の極寒の日だけの話ですが

居間のソファの辺りに居ると、クローゼットの扉の下から

ヒヤ~~っとした空気が来ていました。

こういうことは暮らしてみないと分からないものでした。

 

リノベーションで付けてもらった換気口は

固定されたルーバー状で常に開きっぱなしの仕様でしたが

開閉切替式に取り替えてもらいました。

いきなりアフター写真

swic01
ウォークインクローゼットの換気口(地味)

開いてる状態↓

swic02

閉じてる状態↓

swic03
冬のリラックスタイムだけ閉める予定です。

閉めっぱなしにしないように注意しないとですが、

これでまたひとつ快適に♪

KS-8955PR-SG *8955Pレジスター・シルバーグレー色『ナスタ』

 

 

そんなわけで、久しぶりにリノベーション会社の方が来訪。

広報の方もいらっしゃって部屋を撮影して行かれました。

 

なので・・・

 

久しぶりに、いや、初めてレベル?で部屋を片付けました。

いつもあまり載せていないかも?な、こちら側!

swic07
swic05
swic06

片付いていると気持ちいい~~~
 

swic04
キープしたい!

でも、なんだかんだ広げちゃうんです。。。

 

 

実はもう一箇所、

リノベーション工事中には不可能だったことで

改良したいことがありまして、

夏の終わりか秋口にでも着工してもらえれば~と相談しました。

 

工事後も気軽に相談できて理解してもらえるのが

とてもありがたいです。

 

改めて思う、リノベーション会社選びの重要ポイントは

デザインや価格はもちろんですが、

「人柄と相性」だなあと、しみじみ。

 

 にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

ブログ村のランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪