後輩・部下への呼び捨て

遂に、これを買いました!

でも今日は別の話。

 
kura
またこちらについては追って書きますね♪

 

自分の考えを言わずに静かに過ごせば平和かも知れないですが、

時にそれは我慢を伴います。

発信するのとどちらが良いのか・・・そんなことをよく考えます。

でも、考える前に言ってしまうことも多くて

時々そんな拗らせた記事を書くことがありますが、また書いちゃいます。

 

ずっと気になっていたのですが

少人数の部署、アラフィフだらけの中たった1人の20代女性に対して

呼び捨てをする人が1人居て、、、

もっと前、最初の頃に言っておけばよかった。

本当になんです。

 
kura
まあ、私がなんですけど。

 

呼び捨てが聞こえる度に心臓がドキッとするんですけど気にし過ぎですかね。

その人は、目上の人や同世代の人に対して話す時は

一人称は「僕」や「私」だけど、

その女性や他の歳下の人と話す時は「俺」

威張っていたいんですかね。

人によって言葉を変える人、結構多いです。

超主観ですが、明らか過ぎるとダサいし 小さい と思ってしまう。

 

呼び捨ての件はだいぶ前に上司と話したことがあって

私もあれは嫌なんです、今度言いましょう!って話してたけど

上司はその人に対してビビっている(と思う)ので言わずじまい。

 
kura
時既に遅し・・・

 

コンプライアンスに詳しい友人に聞いてみたこともあります。

即答で

「それは、そもそも呼び捨て自体ダメだし

言われてる本人がOKだとしても、

周りで1人でも不快に思っているのならアウトで

厳しいところなら処分に値するよ。」とのこと。

そこまでとは、ちょっと驚きでした。

 

でも、うちの会社はゆるゆるです。

そもそも代表が呼び捨てしまくってるし。

 
kura
威圧感あり。私はいつも怖いと思っています。

 

20代女性が体調不良で連日休んでるタイミングで

呼び捨てしてる人にこのことを言ってみたんです。

横には上司もいたのでちょうどいい。

(休みの理由が、もしかしたらメンタル的なことかも知れなかったので)

 

課の全員に「さん」付けで呼んでいる中、

彼女だけ呼び捨てなのは変じゃないですか?

 

そうしたら

本人が良いって言ってるから良い。

フラットに距離を縮めるのではなく

上下関係をはっきりさせて教育したい的なことを言ってました。

 

そんなことしなくても彼女は真面目に従うのに。

呼び捨てて大丈夫かと聞かれて嫌ですとは言えないじゃん。

 

部下 後輩 呼び捨て 検索してみてください。

場合によってはアウトだし、私は聞いていて不快だと伝えました。

俺と僕の使い分けも気になるというのももれなく。

 

言われている本人はそれで良いと思っているとしても、

こういう概念が存在するということも知らないんだと思いますよと言いました。

私の周りでは何年かに1度この手の話題が出ます。

特に若い頃は多かった。

 

ああ、要点を端的に伝えたかったなぁ。

呼び方で威厳を持たせたり上下関係を作るのは違う。

日々仕事で結果を出していればついてくるものだと思う。

でも、何でそれが良くないのか上手く説明出来てなかったなぁ。

 

その後、

彼は非が無いと強く思っているのでしょう、

「ナニハラか分かりませんが・・・」と、

過去の私の良からぬと思う行為をぶら下げて反撃メールが来ました。

出た~!論破した過ぎて論点ずらし。

やっぱり呼び捨てて偉ぶるだけあって無駄にプライドが高い(笑)

 
kura
ふ~ん、そんなふうに思ってたんだ。

一瞬感心しそうになりましたが

いやいや!

そんな論法は1ミリも尊敬に値せず。

だから呼び捨てるくらいしか威厳を示せないのかな。

 

急にこの話題を振ったことは悪かったですが腹が立ったのでしょう。

それで目には目を的な。

過去のことをえぐるとはますます小さい人だと思いました。

 

過去の過ちが許されるのあれば日本は平和です。

と書いてあったけど、バトルを申し込まれたのでしょうか意味不明(笑)

私の過ち(?)は今の話と何も関係ないのですが。

無いとは思うけれど、もしもこんな意地悪な論理を20代の彼女に晒していたら最悪です。

 

呼び捨てについて納得の行く理由がなければ対応を変える気がないとのこと。

偉ぶって来たのに急に呼び捨てをやめるのは勇気が必要ですもんね。

それより、過ちを犯したお前の言うことなんか聞きたくねー!でしょうか。

 
kura
これだな、きっと(笑)

 

理由については調べてから少し話すかも知れませんが

不快であるという考えは伝えたので余計な労力は封印です。

 

イラっとしてたら汗疹だった場所が痒くなって赤くなっていました。

もっと早く伝えるべきだったのか、何も言わずに済ますべきだったのか。

 
kura
口に出してしまって敵を増やすkuraでした(笑)

 

にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村へ
写真を応援クリックして頂けると励みになります。
>お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせはInstagramのメッセージにてお願いします。
ブログのお問い合わせフォームに不備がありメッセージが届かない状態でした。
送って頂いても返信どころか確認も出来ず大変申し訳ありませんでした。