中古マンション

我が家は1986年竣工の築29年(2015年11月現在)

 

約55平米のワンルームです。


9年前の購入時、その4年前(2002年)に前オーナーが水回り以外を

リフォーム(その当時はリノベーションという言葉は浸透していなかった)していました。

新築時の図面を手に入れることが出来ないので、


元々どのような間取りだったのか不明なのですが


1LDKか2DKだったところ、


壁を抜いて、広いワンルームに間取り変更していました。


間取り図


WEBに出ていた時の図面です。(結構実物との誤差が大きいです)


リフォームしてたったの4年、留守がちだったという前オーナー。


そして、歴代のオーナー履歴を辿ると、使用用途は殆どオフィス。


キッチン・水回りは築後一度もリフォームされていない割には綺麗でした。

(設備はレトロですが)


絨毯など多少の汚れはあるものの、部屋のコンディションはとても良いので、


手を加えずにそのまま住まうことにしました。


そもそも、金銭的余裕がなかったのですが。

当時「デザインリフォーム」といううたい文句付きだった物件。

before01
こんな感じで私は住んでいました。今は引越して解体してしまったのでもう無い姿。
しかし…ちゃんと整えてから撮影するんだった。


クローゼットの扉が鮮やかなイエロー

ブラインドがダイニングはブルー、居間はライトグリーン

色使いで遊んでいる割にしっくり来ていて

コンパクトな分、家具の配置もしやすかったりして


良い点は沢山あったのですが、私的に大きな問題が2点ずっとありました。

洗濯機置場問題


台所孤立問題

これがリノベーションの決意に至った発端です。


長くなりそうなので、次回以降に書きたいと思います。