せまい洗面台まわりを快適にするために

洗面台01
たびたびの使いまわし画像です。

洗面台の上って目につく場所ですし、

フォトジェニックなハンドソープとか
癒しの植物を飾りたい気持ちはあるのですが、
何せうちは狭いスペース。

ホテルのような広い洗面台に憧れます。

 

いいなーと思うハンドソープのパッケージって

ガラス製などワレモノが多い印象。

うちのような狭さの場合、
不意に洗面ボウルへ落としてしまいそうです。


以前の洗面ボウルは、いつやったか心当たりがなかったのですが、

一箇所小さな欠けがありました。汚れるとそこから変色。

 

同じようなことになると悲しすぎるので

ここにはなるべく物は置かず、

置いてもワレモノの陶器やガラスは厳禁、

割れにくくて軽いものにしようと決めました。

かっこよさよりも、長持ちさせる割りきりは最高のコスパ!

と自分を納得させています。

 

そんなわけで、だいぶ探しましたが、

こういう時の終着点って、無印になっちゃうんですよね。

洗面雑貨1
存在感なくてしっくり〜 ^o^
世の中の最大公約数なのでしょう。

私もその中のひとり。好きです!無印。笑

更に存在感のないコップも無印です。

一見ガラスっぽいですがアクリル製。落としても大丈夫!

なかなか決まらなくてモヤモヤしていたのですが、

ほっとひといき。

 

カミングアウト・・・

私、顎関節症でして、就寝時にリテーナーを着けています。

使う前に洗浄剤に浸けなくてはなりません。

その定位置が定まらず、とりあえず陶器のカップに
入れていたのですが、落としそうで怖かったんです。

タッパーとかフタ付きカップとか探しまくりましたが、

落ち着いたのは、入れ歯ケース。爆

洗面雑貨2
右です。
恥かしアイテムだけど違和感なし・・・
と思う。思いたい。

洗浄剤を使うことも想定してあって、ちゃんと入るし、
理にかなっていて使いやすいです。

リノベーションでは、洗面台横の扉付きニッチ棚を取払い、
その壁のくぼみを活かして最小限のニッチ棚を造作しました。洗面雑貨3

いろいろ丸見えですが、扉を開けるアクションが減り
空間が少し広くなったので快適です。
ここから物が落ちたらもっと怖いので転倒防止バーを
付けてもらいました。  

そんな棚の奥行きにも対応するあのケース。
すごいヤツだ。 
どこだかわかりますか?笑
中が見えず何も飾りがないので、ま、いっか。

同じような境遇の方はどうしているのでしょう。

ニッチなニーズですが、スマートなリテーナーケースを

デザインして世に出したいと真剣に思ってしまいました。

もしくは、無印さん、よろしくお願いします!笑

あ、何だか入れ歯ケースが割高な記事になってる?

これを東急ハンズで買いました。

 にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ