決め手というものは人それぞれ

決まっていた私の心。

 

両社のセカンドプランを見るべきとは思うのですが、

A社と打合せを進めていくことにしました。

(前回じらしたのにアッサリ)

 

 

決め手は

 

話しやすいこと。

 

話のテンポが私にはすごく心地よかったです。

思ったことをぶつけやすいと言いますか、

そして和やかに受け止め理解して下さる姿勢。
独り身には心強いです。

 

 

A社の施工事例が好きなこと。

 

いろいろな事例を調べている時に、A社の事例はツボなことが多くて、

先ずアポイントを取りたいと思いました。

10年以上、同じ美容師さんに担当してもらっているのですが、

その美容師さんの雑誌の作品にピンと来て予約をした時の気持ちに似ています。

引き寄せられたというやつ?

 

またフィーリング!?家を買った時と同じ直感!?笑


リノベーションに関するブログを読むと、最終的にはフィーリングと
書かれている方が多かったので、 私、たぶん一般的です。たぶん。

 

 

他にもあります。

 

 

提案して下さったマテリアルが私好みであること。

(上記と被ってますが)

 

歩み寄ることはどちらでも可能とは思いますが、

A社の方が趣味が近い?
解ってくれている?
近道だしストレスがない!と。

 

 

予算を考慮して下さっていること。

 

これ、大事すぎます。

 

B社には私の予算ですと相手にされていない印象を受けてしまいました。

(考え過ぎかもしれませんが、次のアポに対して消極的ですし)

オープンルームの時は、手の届く値段で行けそうと聞いていたのですが

だいぶ差があったのでちょっとショックでした。同じ人だったのですが。

 

 

リノベーション会社ってとても忙しい印象があります。

 

物件探しからスタートする方も多いので(むしろそちらが主流?)
不動産に精通していて、いろんな時期に建てられた物件の状態は
まちまちなので建築全般の知識はもちろん、
デザインは画一的ではないものを求められるので多くの引き出しが必要です。

 

新築マンションもたくさん建つけれど、そこら中に中古物件。

これから先は更に引く手あまたの市場。

顧客よりも業者のほうが相手を選びたいところかも知れないですね。

でも、やりがいが大いにありそうなクリエイティブなお仕事。

 

あ、少し話がそれてしまいました。

 

 

A社ですが、奇抜なプランを出したのは、

 

他社と比べられた時に、
せっかくリノベーションをするのだから、「
変わる」こと
インパクトを感じ取ってもらいたかったからだそうです。

 

プラン自体はもちろん、柔軟な姿勢が、

 

この方達となら一緒に考えていける!いきたい!と思いました。

 

何と言いますか、心を掴まれてしまっていますね、結局。笑

 

 

 

そんなわけで、次のプランへつづく・・・

足下
土足ですが、こちらは先週の部屋の床(靴がきたなくてすみません)
手前のカーペットの張り替えはこれから。画像の上の部分は仕上がっています。
実は明日が引き渡しです。記事が追いつかなくて・・・ ^^;;


 にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ